糖尿病で勃起不全、ED

勃起不全、EDの原因が糖尿病ってホント?

知っていますか?
糖尿病患者の40%〜90%が勃起不全だという事・・・
糖尿病ならほぼ勃起不全と言ってもいい状況かもしれませんよね。
そのような事もあり糖尿病は男性には関心のある病気です。

 

糖尿病は勃起不全を起こしやすい要因となり神経と血管の両方に悪影響を及ばすのです。

 

糖尿病患者で勃起不全やEDの人は糖尿病ではない健康な人の2〜4倍と言われています。

 

そしてよく言われているのが「糖尿病=夜の生活の卒業」。
ちょっと悲しい感じはしますがこれが現実なのです。
糖尿病になると夜の生活が終わる・・・

 

ではなぜ、糖尿病になるとEDや勃起不全になるのでしょうか?

 

糖尿病になると血管を傷つける事になりそれが勃起不全やEDのはじまりとなるのです。

 

糖尿病になるという事は血糖のコントロールが上手く行かなくなったという事です。血糖のコントロールが上手く行かないと糖分濃度の高い血液が血管内をが流れることになり、その結果、毛細血管が傷つけられることになります。

 

という事は毛細血管が傷つけられるという事は毛細から酸素や栄養などを受け取っている神経も傷つけられてしまうという事で、その結果、勃起のシステムも上手く作動しなくなり勃起不全が起こると言われています。

 

血管と神経が障害されるので、糖尿病はEDの大きな原因となる理由の一つとされています。つまり、血管の障害によって海綿体に血液がうまく流れ込まなかったり、勃起に関係する神経が障害を受けることで、脳から発せられる性的興奮が陰茎にうまく伝わらなかったりするのです。

 

このように、糖尿病によって神経や血管が障害されるので、糖尿病は勃起不全、EDの大きな原因となる理由なのです。
糖尿病が原因の血管の障害によって海綿体に血液がうまく流れ込まないという事が起こり、さらには勃起に関わる神経が妨害されることによって脳から発せられる勃起の切っ掛けになる性的興奮が陰茎にうまく伝わらなかったりするのです。

 

また報告では糖尿病で虚血性心疾患や脳梗塞を合併した人に勃起不全やEDが多いことが分かっています。

 

勃起不全やEDにならない為にはまずは糖尿病にならないようにするというのは得策だと思います。